農薬ゼロ野菜販売 次回販売は未定です
テントウムシダマシ大量発生で作物が大打撃のため


2010年05月30日

続・タナカ先生、このキノコ食える?

カントリーのチップ置き場に行ったら、
新しいチップ辺りに毒々しいキノコが群生していた。

チップ置き場の群生キノコ
量的にはこの写真の10倍くらいの広さにこんなくらいの間隔で生えていた。
よく見ると、ふるい物なのか傘の先の方が割れているのがいくつかあり、
それがまた毒々しそうな雰囲気を強調している。

チップ置き場のキノコ
これはちょっと可愛い感じ。

先生、これ、食える?
(食えると言われても、あんまし食べたくないかも…)
posted by 悠遊倶楽部前野菜販売係 at 10:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
このキノコは『ヒトヨタケ』かと思います。
動植物堆肥の生物分解の一過程で発生します。
ヒトヨタケが発生した堆肥は、
湿度・日光量・温度が、堆肥化に適性である目安となり、
次の醗酵過程へ進みます。
しばらくして、堆肥の上層を崩した下に、
細かい白いキノコ&白いフワフワのカビっぽい菌が生えたら、
次の醗酵段階も適性に進んでいる目安です。
Posted by RIe,H at 2010年06月01日 12:22
このキノコたちは、手前の方=最近砕かれた新しいチップの辺りに生えてました。
持っていったチップは、もっと奥=古い(モエデ氏によると2年前くらいに積まれた)チップ。40度弱くらいの温めの風呂くらい、白い菌がところどころにありました。ハジメさんも、「あと一年くらいで完熟して堆肥として畑に使える」と言ってました。
Posted by 獣人 at 2010年06月01日 15:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38678319
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック